みんなで創る あなたの市場 阪急OASIS

ささっと手早くお手軽ディッシュ

鮭のサルティンボッカ

1人分396kcal
食塩相当量 1.5g
所要時間 約15分

材料(2人分)

  • 生鮭(切り身)…2切れ(約150g)
  • 生ハム…2~3枚
  • セージ…3枚
  • 薄力粉…大さじ1
  • オリーブ油…大さじ1
  • バター…10g+5g
  • 白ワイン…大さじ1
  • レモン汁…大さじ1・1/2
  • 塩・こしょう…少々
  • <付け合わせ>
  • ほうれん草(ゆでた物)…1袋分
  • にんにく(みじん切り)…1/4片
  • オリーブ油…大さじ1
  • 松の実…10g
  • 干しぶどう…15g(ぬるま湯で戻す)
  • 塩…適量
  • 粗挽き黒こしょう…適量
鮭のサルティンボッカ

作り方

  1. ①生鮭は骨の処理をし、厚み半分のところで切り込みを入れポケット状にする。
  2. ②①のポケットの中に軽く薄力粉を振り、生ハムと手でちぎったセージを入れ、
    表面は塩・こしょうをして下味を付け、軽く薄力粉をまぶす。
  3. ③フライパンにバターとオリーブ油を熱し、②を皮目から色よく焼いていく。
    両面焼けてきたら白ワインを加え、強火にしてアルコールを飛ばしながら焼く。
  4. ④③にバターとレモン汁を加えて、全体にからめる。
  5. ⑤<付け合わせ>
    1)ほうれん草は4cm程度に切る。
    2)にんにくはオリーブ油でじっくり炒め、ほうれん草を加えさっと炒める。
    3)松の実・干しぶどうをさらに加え炒める。塩・粗挽き黒こしょうで味を調える。

(*先に付け合わせから作っていただくと、一つのフライパンで作れます)

一口メモ

「サルティンボッカ」とはローマを代表する家庭料理で、「口の中にポイポイと飛び込む」というような
意味合いのある、短時間で作れるメインデイッシュです。本来は肉料理なのですが、今回は魚での
アレンジメニューです。調味料として生ハムを使い、ハーブのセージをアクセントに使うのもこの料理
の特徴です。シンプル調理で意外と簡単に本格派料理を楽しめますよ。今晩いかがですか?

季節のご飯を楽しみましょう!

さんまとれんこんの炊き込みご飯

さんまとれんこんの炊き込みご飯

メインにどうぞ

きのこと和牛の一口ステーキ

きのこと和牛の一口ステーキ

秋の味覚

霜降りひらたけの筑前煮

霜降りひらたけの筑前煮

さつまいものごろごろタルト

さつまいものごろごろタルト