みんなで創る あなたの市場 阪急OASIS

春の味わいを中華で楽しむ!

ほたるいかと春野菜の春巻き


食塩相当量
所要時間 約30分

材料(6本分)

  • ほたるいか(ボイル)…1パック(約80g)
  • 新キャベツ…100g
  • 蜜玉(新玉ねぎ)…1/2個
  • 「村上農園 豆苗」…1/2パック
  • にんじん…1/4本
  • 「ホクト 霜降りひらたけ」…1/2パック
  • サラダ油(炒め用)…小さじ2~
  • 塩・こしょう…各少々
  • 春巻の皮…6枚
  • 薄力粉ののり…薄力粉大さじ1/2+水大さじ1/2
  • サラダ油(揚げ焼き用)…適量
  • 辛子じょう油など…適量
11w_ほたるいかと春野菜の春巻き

作り方

  1. ①ほたるいかは目とくちばしを除き、軟骨は上からつまんで抜く。(*骨抜きを使うと便利)新キャベツは5cmの長さ、1cm幅に切る。
  2. ②蜜玉は薄切り、豆苗は根元を切り落とし半分に切る。にんじんは細切り、霜降りひらたけは石づきを除いて、太い場合は手でさく。
  3. ③フライパンにサラダ油を熱し、豆苗以外の野菜を歯応えが残る程度に炒める。ここに、ほたるいか・豆苗を加えさっと炒める。塩・こしょうで味を調える。(*炒めた具材は冷ましておく。)具材は6等分に分ける。
  4. ④春巻皮は角が手前に来るように置き、③を乗せる。手前からひと巻きし、両脇を内側に折り込んでさらに巻いていく。巻き終わりは合わせた薄力粉ののりで止める。
  5. ⑤フライパンに少し多めのサラダ油を熱し、④を色よく揚げ焼きしていく。
  6. ⑥器に盛り付ける。

一口メモ

春を告げる「ほたるいか」。シンプルにボイルしたものを酢みそで召し上がることも多いかもしれませんが、今回はちょっと目先を変えて春野菜と共に春巻きをご紹介します。一緒に加えている、豆苗は年間を通じて使用できる緑黄色野菜ですが、ビタミンCはほうれん草の2倍、カロテンは小松菜の1.5倍、その他色々な栄養も含まれる優れもの。加えるだけで栄養価がUPします。手軽に使えるので何かと重宝するのが嬉しいですね。

手軽にレンジで簡単!

レンジで茶碗蒸し

レンジで茶碗蒸し

さわやか甘辛ソースが食欲をそそります!

レモンステーキ

レモンステーキ

食卓に春を咲かせましょう!

ミモザサラダ

ミモザサラダ

作り置き常備菜のお役立ちメニュー

塩さばの南蛮漬け

塩さばの南蛮漬け