みんなで創る あなたの市場 阪急OASIS

素朴な郷土の味を召し上がれ!

さつますもじ(ちらしずし)


食塩相当量
所要時間 約30分(*米の浸水・炊飯時間は含まず)

材料(3~4人分)

  • 米…2合
  • だし昆布…5cm角
  • 酒…大さじ2
  • <合わせ酢>
  • 酢…大さじ3
  • 砂糖…大さじ2
  • 塩…小さじ2/3
  • <具材>
  • 干ししいたけ…3枚
  • にんじん…50g
  • 新ごぼう…50g
  • 「たからや蒲鉾 串木野名産さつま揚げ」…3枚
  • <A>
  • 干ししいたけの戻し汁…100cc
  • 砂糖…大さじ1
  • うす口しょう油…大さじ2
  • みりん…大さじ1
  • <錦糸卵>
  • 卵…1個
  • 砂糖…小さじ1/2
  • 塩…少々
  • 水溶き片栗粉…片栗粉:小さじ1/2+水:小さじ1
  • サラダ油…適量
  • 絹さや(色よくゆでたものを斜め細切り)…6枚
  • 刻みのり・生姜の甘酢漬け…各適量
  • お好みで木の芽…適量
11w_さつますもじ(ちらしずし)

作り方

  1. ①米は洗ってざるに上げて30分程おき、炊飯器に入れ酒を加えてから2合の目盛りより少し少なめの水を入れる。だし昆布も入れて炊飯する。
  2. ②<合わせ酢>の材料を混ぜ、炊けた温かいご飯に加え切るように混ぜ込む。
  3. ③干ししいたけ・にんじんは1cm角の薄切りになるように切り、新ごぼうはささがきにし水にさらす。さつま揚げはさっと熱湯に通し水分をよくふき、にんじんなどに大きさを合わせて切る。
  4. ④鍋に③のさつま揚げ以外の材料を入れ、<A>を入れて煮る。煮汁が半分位になってきたら、さつま揚げを加えて煮含める。そのまま冷ます。
  5. ⑤錦糸卵の材料を合わせ、フライパンにサラダ油を薄く塗り焼いた薄焼き卵を細切りにする。
  6. ⑥④の具材をざるにあけ汁気を切り、酢飯に混ぜ込み器に盛り付ける。錦糸卵・絹さや・刻みのりを散らし、生姜の甘酢漬けを添える。お好みで木の芽を散らす。

一口メモ

「すもじ」とは、古い宮中の女房言葉で「ちらしずし」のことを表し、ひな祭りは勿論、春先の祝いごとに欠かせないちらしずしとして親しまれ、現在の学校給食でも大人気のメニューです。

ササッと作れて便利に使える!

チョップド・カプレーゼ

チョップド・カプレーゼ

行楽のお供にも!

たけのことまいたけの炊き込みご飯

たけのことまいたけの炊き込みご飯

爽やかレモンで食欲アップ!

サーモンのレモンクリームパスタ

サーモンのレモンクリームパスタ

和食で愉しむ春の一品。

菜の花の白和え

菜の花の白和え